授業内容・カリキュラム

授業以外にも一人ひとりに合わせた特別レッスンで
ピアノが必ず弾けるようになる!

保育園や幼稚園ではピアノは必須な技術です。「ピアノを弾いたことが無い!」「自信がない!」と思っているあなたも絶対上達するので安心してください!個人のレベルに応じて学べ、1年経てば実習の現場でたのしくピアノが弾けるようになります!
また、補修だけで物足りない方は、空き時間や昼休み、放課後は自由にピアノの練習ができます!さらに!自宅で練習したい方にはキーボードを無料でレンタルいたします!

ピアノも強い

実践力を養う特色あるカリキュラム

現場で働いている現役保育士による授業で、保育現場で求められる能力を育成し、『実践力』を養います。 ピアノ個人レッスンの時間など、初心者から上級者まで個人のレベルに合わせて苦手を克服できます。

  • 社会的養護
  • 社会的養護Ⅰ・Ⅱ
    今日、子どもを取り巻く環境は多様化・複雑化し、保育所に通う園児の中にも社会的養護を必要とする乳幼児がいます。そこで、保育士としてどのような職場で活躍するにしても、自身が関わる子どもの最善の利益を守るために、保護者のない子どもや保護者から虐待を受けた子どもへの養育や保護について知り、養育困難な家庭への支援の実際を理解します。
  • 障害児保育
  • 障害児保育Ⅰ・Ⅱ
    昨今、全国の保育所等においてインクルーシブ保育が進んでおり、私たち保育者は、特別な支援を必要とする子どもや保護者に対して適切な支援を行える「実践力」が求められています。本教科では、さまざまな障がいについて知識を深めることはもちろんのこと、数多の国の出身者が居住している神奈川の特色を踏まえ、岩谷学園の系列学科で学んでいる留学生を招き、彼らの母国の文化や習慣について紹介してもらう機会も設けています。2年間を通じて、障がい児および外国にルーツをもつ子どもについて「生活のしづらさ」「社会的障壁」「発達」の視点から理解し、支援方法の習得を目指します。
  • 乳幼児保育
  • 乳幼児保育Ⅰ・Ⅱ
    近年、日本の子育てや保育を取り巻く状況は大きく変化し、0・1・2歳児を対象とした保育所の数が増加しています。私たち保育者は、子どもの気持ちや感情をこまやかに読み取って応答的に対応するなど、乳児の発達・保育内容について正しく理解し、ていねいな保育を実践できることが求められています。本教科では、岩谷学園の系列保育園の施設長を担当講師として迎え、乳幼児期の発育や発達とその支援に加え、保護者や家庭、地域における子育てを多面的かつ構造的に捉えた支援について学びます。
  • 子育て支援
  • 子育て支援
    保育所は子どもの健やかな成長を育むことはもちろんのこと、子どもの最善の利益のために、保育相談支援をはじめとした子育て支援が必要となっていると共に、地域の子育て家族への支援も求められています。そこで本教科では、保護者に対する相談、助言、情報提供、行動見本の提示等の支援について、その特性と展開を具体的に理解します。
  • 子どもの食と栄養
  • 子どもの食と栄養
    乳幼児期は、栄養状態が身体発育や精神発達に大きく影響し、食習慣や生活習慣の基礎が形成される重要な時期です。そのため、保育者は、乳幼児期の身体発育や摂食行動の発達について理解・把握し、適切な食生活を送ることができているか判断できる力が求められます。本教科では、子どもの栄養・食生活の基礎を学ぶほか、家庭や児童福祉施設における子どもの食生活の現状と問題点、特別な配慮を要する子どもの食と栄養について学びます。また、実際に自分たちで乳幼児向けのメニューを考案し、その調理も体験します。

入学に関するお問い合せはこちらから

  • 資料請求
  • オープンキャンパス